トップ| インド古典舞踊とオディッシィについて| インド舞踊について| 野中ミキプロフィール/活動紹介| 記録| Kamala Kala Pithaについて| 教室案内| インフォメーション| Kamala通信| リンク|
オディッシィの神様ジャガンナート


」.オディッシィの神様、ジャガンナートの伝説

ヒンドゥー教には3つの代表的な神様がおり、その1人であるヴィシュヌ神は、10の化身を持つと言われています。クリシュナとジャガンナートはヴィシュヌ神と同一の神、または化身とされています。ジャガンナートの伝説は諸説ありますが、その一つは次のようなものです。「ある日、オリッサの王様が夢の中でお告げを受けます。・・・クリシュナの死後そのへそが残っておりオリッサの海岸に打ち上げられている。青のへそを木に埋め込み神様を作りなさい、と。そこで王様は彫刻しに神様の像を作らせますが、彫刻しは条件として完成するまで絶対に見ないようにと言いました。しかし王は我慢できず、つい見てしまいました。その瞬間彫刻しは消えてしまい、不完全な像だけが残りました。・・・・細かい点で少し異なる伝説が他にもたくさんあるようですが、この像がいまに伝わるジャガンナートの神様です。 オディッシィダンスの上演には、その昔マハリ(舞女)がジャガンナート神に踊りを献舞したことにならって 舞台上(左手)にこの神様を祀り、神に捧げる踊りから始めます。

         ●世界の創造者ブラフマー神
ヒンドゥーの神様 ●維持者ヴィシュヌ神・・ジャガンナートやクリシュナ等、約10の化身を持つ
         ●破壊者シヴァ神


掲載されているデータの無断使用はお断りさせていただきます。
Copyright(c)2005ー2007 Odissi Dance Studio Kamala kala pitha All Right
このページのTOPへ
もどる|